成分欄:スクワラン

「スクワラン」って何?

一般的によく知られているスクワランとは、水面下500m〜1500mの深海に棲息する深海鮫の肝油から抽出したスクワレンを精製したもの、スクワレンに化学的に水素を結びつけ、酸化・変質しないように安定させた物がスクワランと呼ばれます。

スクワレンとは多くの動物や植物に存在しています、ヒトなどのほ乳類は肝臓で生合成されますが、皮脂などに多く含まれる、その量は年齢などによって差があります、10〜20代の女性に最も多く20代をさかいに次第に減少を始めます。

「スクワラン」の特長

・スクワランは油性成分ですが、塗った瞬間にべとつきがなくなります、これはスクワランが非常にサラサラした粘性の低いオイルで、すばやく肌に吸収されるからです。

・スクワランは肌に素早く吸収されるときに酸素や栄養分をお肌の中に取り込みます、皮膚細胞に酸素や栄養分がしっかりと取り込まれることにより、皮膚細胞が活性化され新陣代謝も活発になります、その結果お肌は本来のみずみずしい潤いを取り戻します。

・植物性スクワランはオリーブオイルなどから、有名なのは深海鮫の肝油からとれるスクワラン、どちらも天然成分ですから、石油などから作られる合成油脂と違ってお肌のトラブルがほとんどありません。

・スクワランは酸化や変質する心配がなくアレルゲンとなることもないため化粧品成分の中でも早くから安全性が認知されています。

当社で使用している「スクワラン」

当社で使用しているスクワランはオリーブオイルから抽出した植物性のスクワランを使用しています。

「スクワラン」配合の商品

その他成分一覧

尿素 グリセリン ヒアルロン酸Na
スクワラン エチルヘキシルグリセリン 塩化Na
カプリン酸グリセリル カルボマー カリ石けん素地
グリチルリチン酸2k グルコン酸Na 酢酸トコフェロール
水酸化K ステアリン酸 ステアリン酸グリセリル
セスキステアリン酸メチルグルコース トコトリエノール トコフェロール
パルミチン酸セチル パラフィン ヒドロキシエチルセルロース
フェノキシエタノール ベヘニルアルコール ホホバ種子油
ミリスチン酸 ミリスチン酸カリウム ラウリン酸
ラウリン酸カリウム ラウリン酸ポリグリセリル-2 ラウリン酸ポリグリセリル-10
BG ヤシ油脂肪酸 PEG-7 グリセリル アルムK(ミョウバン)
水溶性コラーゲン プラセンタエキス 加水分解エラスチン
グルコシルセラミド クエン酸・クエン酸Na ペンチレングリコール
カプリリルグリコール
送料について
配送について
お支払い方法について
プライバシーポリシー
会社概要
特定商取引に関する表示