成分欄:カプリン酸グリセリン

「カプリン(カプリル)酸グリセリン」って何?

ヤシ油脂肪酸のカプリン(カプリル)酸とグリセリンから作られた油性成分で、皮膚への油分補給が目的で配合されます。

「カプリン(カプリル)酸グリセリン」の特長

・肌への刺激が少なく、皮膚の乾燥を防ぎ、しっとりと柔軟性のある皮膚に保つために使用されます。

・酸化しにくい油脂であることから化粧品や医薬品など幅広く使われています。

「カプリン酸グリセリン」配合の商品

その他成分一覧

尿素 グリセリン ヒアルロン酸Na
スクワラン エチルヘキシルグリセリン 塩化Na
カプリン酸グリセリル カルボマー カリ石けん素地
グリチルリチン酸2k グルコン酸Na 酢酸トコフェロール
水酸化K ステアリン酸 ステアリン酸グリセリル
セスキステアリン酸メチルグルコース トコトリエノール トコフェロール
パルミチン酸セチル パラフィン ヒドロキシエチルセルロース
フェノキシエタノール ベヘニルアルコール ホホバ種子油
ミリスチン酸 ミリスチン酸カリウム ラウリン酸
ラウリン酸カリウム ラウリン酸ポリグリセリル-2 ラウリン酸ポリグリセリル-10
BG ヤシ油脂肪酸 PEG-7 グリセリル アルムK(ミョウバン)
水溶性コラーゲン プラセンタエキス 加水分解エラスチン
グルコシルセラミド クエン酸・クエン酸Na ペンチレングリコール
カプリリルグリコール
送料について
配送について
お支払い方法について
プライバシーポリシー
会社概要
特定商取引に関する表示