成分欄:グリセリン

「グリセリン」って何?

無色透明でシロップ状の甘みのある無臭の液体で、水に非常に溶けやすい。

グリセリンは、高等植物や海草、動物などにも広く含まれ、人間も皮下や筋肉などに「脂質」というかたちで蓄えられている。 グリセリン骨格の3個の水酸基すべてに脂肪酸がエステル結合した物が「脂質」あるいは「油脂」とよばれている。

「グリセリン」の特長

・グリセリンは保湿剤として化粧品などに幅広く利用されています、肌を柔らかくし、しっとりとした潤いを与える効果があります。

・毒性がほとんど無いことから、医薬品として目薬や脳圧降下薬、浣腸液としても利用されています。

・グリセリンは甘味のある天然化合物であるため食品分野でも利用されています。

・医薬品や食品分野でも利用されているくらいですから、グリセリンはとても安全な成分といえます。

「グリセリン」の製法

グリセリンには、ヤシの実などの「油脂」を原料とした天然グリセリンと、石油を原料とする合成グリセリンがあり、 天然グリセリンは油脂を加水分解して得られる水溶液を精製、濃縮し粗製グリセリンを製造。さらに蒸留、精製して商品化する。

当社で使用している「グリセリン」

当社で使用しているグリセリンはヤシの実などを原料とした天然グリセリン。 化粧品グレードのグリセリンを使用。

「グリセリン」配合の商品

その他成分一覧

尿素 グリセリン ヒアルロン酸Na
スクワラン エチルヘキシルグリセリン 塩化Na
カプリン酸グリセリル カルボマー カリ石けん素地
グリチルリチン酸2k グルコン酸Na 酢酸トコフェロール
水酸化K ステアリン酸 ステアリン酸グリセリル
セスキステアリン酸メチルグルコース トコトリエノール トコフェロール
パルミチン酸セチル パラフィン ヒドロキシエチルセルロース
フェノキシエタノール ベヘニルアルコール ホホバ種子油
ミリスチン酸 ミリスチン酸カリウム ラウリン酸
ラウリン酸カリウム ラウリン酸ポリグリセリル-2 ラウリン酸ポリグリセリル-10
BG ヤシ油脂肪酸 PEG-7 グリセリル アルムK(ミョウバン)
水溶性コラーゲン プラセンタエキス 加水分解エラスチン
グルコシルセラミド クエン酸・クエン酸Na ペンチレングリコール
カプリリルグリコール
送料について
配送について
お支払い方法について
プライバシーポリシー
会社概要
特定商取引に関する表示